メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

コラム

バックナンバーへ
<次の5件>
2018/01/22
”お歳”
みなさま、こんにちは!Dr悦子です。 
今年の寒さはこたえますね〜。しもやけも大発生です。


昨年秋ごろから小鼻の下付け根付近に赤みが出現し(診断:酒さ)、先輩のクリニックに相談に行きました。 
「ししど君、歳だよ、歳とったんだヨ!」とおっしゃって、手際よく薬を処方され、トボトボと帰路につきました。


もちろん、“歳である”という自覚が全くない、ということはありません。
目はしょぼしょぼ、老眼は進み、トレッキングの最中足がつるようになり、寝ている間に自分の唾が気管に入り、窒息しそうなくらいせき込むこともあり(絶対にあなたの死因は誤嚥性肺炎!と夫からお墨付きをもらいました)・・・先人達が歩んできた道を私も例外なくたどっています。

しまいには、栃木の田舎に帰ったとき、昔から良く知る90代の農家のおばちゃんから、独身の50歳の姉と比較され、「えっこちゃんはお姉ちゃんより老けてるね!いや〜たまげた!」ですって! 腰の曲がっていない、元気なおばちゃんの方がよっぽど驚きなのに・・・。


酒さのみならず、数年前より肝斑も出てきた私・・・。
目の下のしわも大いに目立つようになってきました。
酒さについては、Dr処方によりなんとかひどくはならず、小康状態を保っていますが、埒があかなくなったら、Vビーム(血管腫のレーザー)でも当ててもらおうかと思っているところです。

肝斑については、時々レーザートーニング、ホームピーリングを行っています。今のところ、悪化はせず、以前よりは薄くなってきました。

問題は“しわ”! 月1回程度、コラーゲンピールを行いながら、最近発売された、MTコスメのステムアイクリームを試しています。 
最近思うのは、コラーゲンピールでも肝斑のくすみがかなり良くなるということ。
トーニングでも毛穴が引き締められますが、小じわを目立たなくし、ハリを出すこと。 

ということは、コラーゲンピールも、トーニングも、くすみとしわ改善、ハリを出す効果があり、今の私にとっての必需品となっています。


コラーゲンピールの会社からでている、WiQoフェイスフルイドは、グリコール酸が8%も入っており、ホームピーリング剤としては効果が高いと感じます。ただし、外用後ピリピリ感が強く、慣れるまで私も1ヶ月位かかりました。
にきびの方、くすみが気になる方、次のコラーゲンピールまでの間、ホームケアとしてご利用になれます。 皮膚の新陳代謝を高めるため、角質層のメラニンが早くに排出され、くすみがとれるだけでなく、肌がみずみずしくなりますよ。 


“歳”には逆らえませんが、できる限り(顔が変形しない程度)のケアはして、天命を待つ!?
顔ヨガもしっかりと続けていますよ!
左:MTコスメ ステムアイクリーム

右:WiQo フェイスフルイド

2017/12/23
寒さのディズニーシー
いよいよクリスマス!こんにちは。5回目登場のスタッフMです。

今年は急激に寒くなり、最近では朝に霜が降りるようになってきました。朝、廊下も冷え切っていてゴミ出しが嫌になってしまいます。


先日、この寒い中、ディズニーシーに行ってきました。寒くて引きこもりがちな私もディズニーなら話は別。木曜日の休みを利用して行ってきたのですが、平日だからといって空いている訳もなく、横浜からの直行バスは満席。到着したら、まぁ人、人、人。木曜日休みの人も多いみたいですね。

何事も準備が大切。ユニクロの「超極暖」を着込んでカイロを用意。できるだけ暖かく、風を通さない服装で行ってきました。案の定、ディズニーシーは海の近くだけあって冷たい風が吹き荒れ、想像以上の寒さでビックリでした。
日差しはあったのに、とにかく風が冷たかった。風の影響でショーも一部省略されていたそう。ホットの飲み物を買ってもショーが終わる頃にはすっかり冷めてしまうほどでした。寒さより楽しさが勝るのがディズニー。寒い寒いと言いながらも楽しく歩き回りました。

午後になり、さすがに寒さと歩き回った疲れで「船に乗って移動しよう」と考えました。
名案!と思っていたのですが、船には壁もないし、屋根もほぼない。それがエンジンで風を切って進んで行くものだから寒い!しかも、何やら思っていた場所と違う方向へ進んで行き、これまた思っていたのと違う場所に到着。結局、歩くことになりました。
乗る前に到着地点についてキャストの方が教えてくれていたと思うのですが、ちゃんと聞いてなかったというか、理解してなかったというか・・・。


一方、マーメイドラグーンの小さなお子様も楽しめるアトラクションもある屋内は暖かかった。中にあるお土産屋さんは人でごった返していました。皆、考えることは同じですね。人込みをかき分け、姪っ子へのお土産を購入。そういえば、夏に行ったときは、外がとにかく日差しが暑くて、やっぱり屋内に避難してました。

また、夏に涼しさを求めて乗ったアラジンの空飛ぶ絨毯は、風を切って快適でしたが、今回は日陰だったこともあり大変な寒さでした。寒いだろうなとは思いながらも「来たからには色々乗らないと!」と欲張ってしまいました。

欲張ってよかったことは、普段の休日ではどんなに頑張っても1万歩も歩かない(酷い日は数百歩程度)私が、ディズニーに行くと2万歩以上も、楽しんで歩ける事です。ただ2万歩も歩けと言われても、私には難しいと思います。

「何かをしたい、見たい」と思うと歩けるものですね。皆様も外は寒いですが、楽しみを見つけて歩きましょう。外に出る時は寒さ対策は十分しましょう。手袋は忘れずに!しもやけになりますよ。

2017/11/30
マッサージベッド
最近、肌を刺すような寒さを感じるようになってきました。
朝、目覚まし時計を止めてほんの少し、ぬくぬくのベッドでまどろむ至福の時間を過ごしている、エステティシャンの玉田です。


エステルームでも、気持ち良くお過ごし頂ければと、マッサージベッドを新調しました!

開業しているエステ&セラピスト仲間のオススメNo. 1がアースライト社のベッド。
先月、悦子先生と一緒に、上野にあるショールームに行って来ました。


ウトウトしそうになりながら、実際にいくつも試させて頂いて、このままお家にも連れて帰りたくなるような、一番寝心地の良いものを選んで来ました!


カルフォルニアのサンディエゴにあるアースライト社は、100か国以上で支持されマッサージベッドを製造、販売する会社です。日本でも高級ホテルのスパで使用されているそうです。


もともと、セラピスト達が誇りを持って一生使用出来るマッサージベッドを作ることを目的として、再生林の木材のみを使用し、フロンガスを含まないフォーム、ポリ塩化ビニール不使用のポリウタンビニール、水性ラッカー、水性接着剤の使用等、環境にも人にも優しい素材を使用した高品質な製品です。


ピアノの弦を張る部分やボーリングのレーンに使われるハードメープル(カエデ材)を使用することで、歪みづらく、丈夫、耐久性抜群。


特許品の低反発マットは、温度差でマットの硬さが変化しないように改良されており、年間を通じて同じ最高な寝心地を提供できます。

お客様は一番上の柔らかいクッションで体感して頂けますが、一番下に支えの硬いマットがあり、施術をしても沈み込まない構造になっています。
これが、お客様にもセラピストにも大変心地良いのです!!


まだ寝てないという方は、是非お試しにいらして下さい。本当に気持ち良いですよ!


当院では、短時間の施術もありますので、少しの時間でも、ほっとリラックスしていただければ嬉しいです。
マッサージベッド&モコモコパットを乗せて

2017/10/28
審判
こんにちは、スタッフSです。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

厳しい暑さの夏がようやく終わり、これからは紅葉が楽しみな季節を迎えようというところ・・・秋の長雨、さらには気温も下がり、慌てて衣替えをされた方も多いのではないでしょうか?
寒暖差が激しくなっているのでくれぐれも風邪などひかないよう気を付けてくださいね。


今回は、“バレーボール”の審判についてお話させていただきます。
小4からバレーボールを始め、最近はママさんバレーでハッスル!していましたが、審判をやるようにとのお告げ! 審判については、ゼロからのスタートなので、かなり不安でした。


ママさんバレーの公認審判員の試験を受けるにあたり、昨年から勉強を始めました。
ママさんバレー協会の地区の会長さん、理事長さん、審判長さん、審判員の先輩方に、勉強会、実技の講習会などにお付き合いいただいて、大変お世話になりました。


もともと、人前で何かをするということが苦手で、とても緊張してしまうタイプなので、自分では審判として駆り出されたほうがどんなに楽かと思ったことも・・・。

けれど、いつも審判員の方々は公式戦となれば、朝選手より早く集合しコート設営をし、試合の進行、最後には片づけまでやって下さり、練習試合の依頼があれば、会場まで出向いて審判をやってくださっていました。

ママさんバレーを始めて、当たり前のようにしていただいていたけれど、自分が携わるようになり、本当に大変なことだなと改めて思いました。


まず、ルールの熟知が基本なので、ルールからコート設営時に必要な数字まで、1語1句間違えてはいけないルールのところもあり、苦戦しました。そのための筆記試験があり、それに合格すると、実技試験があるため、練習試合に行かせてもらい、実践練習をご指導いただきました。 試験前は、自分のバレーの練習にも行けずという状態でした。もちろん、日常生活もあるので、家族の協力がなくては出来ません。


そうこうし、9月に筆記試験、10月に実技試験を受けました。
実技試験は、たくさん練習してきたつもりでしたが、頭の中が真っ白になり、失敗もありましたが、なんとか無事に終え、今は結果が出るのを待っている状態です。


どのスポーツにも審判は不可欠なものですね。これからは少し視点を変えて審判の目からスポーツを見るのも楽しいかもしれません。 カッコイイ審判を目指して頑張りたいです。


審判の勉強・練習で慣れない頭、神経を使って疲れきった身体を癒してあげたいです。
玉田さんのかっさマッサージを常々受けたいと思っている私でした。

2017/09/24
想いを伝える手作り品
こんにちは、スタッフUです。

9月も中旬を過ぎ、まだまだ暑いながらも台風が過ぎる度にコスモスを揺らす秋の風が感じられる季節になってきました。  皆様いかがお過ごしですか?


以前、初節句のお話をさせて頂きました孫が2歳になり、今年の春には2人目の孫も誕生。
あっという間に2人のおばあちゃんとなりました。

遠方に住んでいるために、なかなか会うことが出来ず、スマートフォンで共有している写真やビデオを見て日々の成長を楽しんでいます。

近頃は、月齢に合うオモチャや洋服に目がとまり、会えない分、モノを送って喜ばせたいと思うようになりました。

自分が子育てをしていた頃に比べると、現代の子供向け商品の数は膨大で多彩。
時代の差を感じながら、ホントに迷うばかりです。


ふと・・・こんなにモノに溢れた時代に、買ったモノだけで本当に喜んでくれるのだろうか? 確かに、既製品でないと実現出来ないような品質、信じられないほど便利になった世の中には有難味も感じています。 しかし一方で、出来れば手間をかけて手作りした、世界に一つだけのオリジナルなモノ、孫の記憶にも残るような「想い出の品」を与えたいなと考えました。 


かといって、時間の余裕も少なく、工作や手芸が不得意な私に、いったい何が作れるのか、悩んだ末・・・
自分が子育てをした時代に作っていたような、布製のプレイマットのような縫い物なら出来るのでは?!という結論に。

さっそく記憶をたどって構想を練り、一部ネット上の情報も参考にして、マジックテープ・ボタンのとりはずし・ファスナー・ベルトバックル・スナップ類・靴の紐結び・数かぞえなどを布地六面に配置。
畳んでブック型にすることで手軽に持ち運びやすくした、世界に一つだけのオリジナルプレイマットを作成しました。

難易度も少々月齢よりも高くすることで、しばらくの間使ってくれるかなとの思いを込めてプレゼント。
自作のプレイマットで一生懸命遊んでいる姿を見るのは自己満足ですが、とてもとても嬉しいものです。

喜んでいるのが孫よりも私だった!というのがオチとなりましたが、孫の遊ぶ姿を見るのが(画像でね)、とても楽しみになってきました。


喜びの勢いでレインコートも制作してしまいましたが、まだまだ雨の中を一人歩き出来るはずもなく・・・
オーバーサイズのレインコートは、家の中で楽しんでいるようです。
来年の梅雨にはデビュー出来るかな?

追記:脳内も腕も目も、久々の作業に疲労困憊なのは秘密。。。
自作のオリジナルプレイマット
オリジナルレインコート


このページのトップへ
ページの終了