メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

診療メニュー

美白剤、化粧品(OBAGI他)

特徴

このシステムは4つのステップから成り立ちます。

  • Prepare
    • 皮膚の洗浄、調子を整える
      1. 洗顔料 (ジェルントルクレンザー):
      500円玉程度を顔に塗布し、数分おいてから流してください。化粧、古い角質が落ちます。
      2. 化粧水 (トナー):
      肌のpHを整えます。この後のクリームをより浸透しやすくします。
      クレンジングで落としきれない化粧を拭き取る時コットンに含ませて使用してください。
      朝、夕使用。
  • Correct
    • 肌表面のトラブルを改善します
      3. 美容クリーム (クリア):
      ビタミンC、ビタミンE、ハイドロキノン4%入りで色素沈着に働きかけます。
      朝、夕使用してください。
      4. 美容クリーム (エクスフォダーム):
      フィチン酸が不要な角質を除去し、皮膚の更新を助けます。
      朝のみ使用。
  • Stimulate
    • 真皮層に浸透し、肌の弾力性を取り戻します。
      5. 美容クリーム (ブレンダー):
      ハイドロキノン4%入り。トレチノインクリームと手の甲で混ぜ合わせ、夜のみ使用してください。
      反応(赤み、皮むけなど)が強いときはトレチノインクリームのみ使用中止してください。
      *トレチノインクリームのみ妊娠中は使用中止です。
  • Protect
    • 皮膚を紫外線から肌を守ります
      6. ヘルシースキンプロテクション SPF 35:
      日焼け止めクリームです。

      OBAGI イメージ

レストレーションプロセス

健康な肌を取り戻すためのレストレーションプロセスは、反応期、耐久期、完成期の3段階から成ります。特に注意して頂きたいのが反応期。
以下の反応が1つ以上現れますが、アレルギー反応を起こしている場合もあります。ご自分では判断なさらず、必ず医師の指示に従ってご使用下さい。

  • 反応期
    • ご使用開始後の約6週間(1肌サイクル)
      • ご使用開始後の約6週間は以下のような変化(副反応)が見られます。
        ●肌の乾燥、●掻痒感、●表皮の剥離、●火照り、●発赤、●小皺の悪化、●肌の過敏性、● ニキビ・吹き出物の悪化
        これらは全て正常な反応です。特に敏感肌の方はこれらの副反応が強く見られる傾向があります。
        この殆どが不快感を伴う反応ですが、この時期の終わりには肌のくすみが取れ、効果を実感できるようになります。
  • 耐久期
    • 次の約6〜12週間(1-2肌サイクル)
      • 刺激された新しい肌が表面に到達し肌が美しく健康なってきた事を実感できるようになります。
        真皮層におけるコラーゲンやエラスティンの産生が盛んになります。
        シミ・皺が改善され毛穴が目立たなくなってきます。
        肌のトーンが均一になりクスミがとれて明るくなってきます。
  • 完成期
    • 最後の約6週(1肌サイクル)
      • この時期には、ほぼトラブルが改善された健康な肌になります。
        肌にハリ、艶が感じられ透明感が出てきます。
        肌のトラブルが改善された方は、この後はメインテナンスのみで十分健康な肌を維持できるでしょう。
  • メンテナンス期
    • 外用開始後、4,5ヶ月目以降
      • トレチノインクリームは週1,2日としてください。
        その他の外用剤は継続可能です。

注意点

個人のスキンタイプ、皮膚の状態、設定環境により使用方法を決めていきますので、外用後、1〜2週間以内に受診してください。

レチノイン酸(トレチノインクリーム)使用時の注意点


このページのトップへ

ページの終了