メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

診療メニュー

レーザートーニング

レーザートーニング治療経過

お化粧を落とした後、顔全体に低出力のレーザーをパチパチと当てます。照射後、多少の火照りがありますので冷やします。化粧水→乳液→日焼け止めを塗布し終了です。 稀に、照射直後〜1日以内に点状出血やじんま疹様の膨疹がでますが、4〜5日程度で消失します。


レーザートーニング 治療 イメージ

レーザートーニング治療回数と治療時間

1〜4週間毎に4〜10回程度 3〜4回目より効果が見られます。
照射時間は1-2分程度、その後クーリング、基礎化粧を含め30分

レーザートーニング注意点

まれに照射直後〜1日以内に点状出血、じんま疹様の膨疹がでることがありますが、4〜5日で自然消失します。掻痒のあるときは冷やしてください。
当日よりお化粧、洗顔も可能です。

ルビーレーザー

ルビーレーザー治療経過

お化粧を落とした後、治療部位を5分程度冷やし、レーザーを照射します。一瞬、ゴムではじかれたような痛みを感じ、その後ヒリヒリします。 稀に、照射直後に点状出血、皮下出血が見られることがありますが、4日〜1週間程度で吸収されます。多少の赤みが残りますが、やがて、かさぶたになります。

1〜2週間後にかさぶたが自然にはがれ、ピンクの肌になります。 2〜4週間目にしみが淡く出てきたように感じますが、一時的な炎症後色素沈着です。

炎症後色素沈着は3ヶ月程度で薄くなります。 照射後、6ヶ月程度で9割の方はしみがさらに薄くなっていきます。

原則として、治療部位の赤みが取れるまでの約2〜3ヶ月は、その部位の再照射は行いません。 炎症後色素沈着になった時点で、美白剤(ハイドロキノン)の外用をお勧めすることがあります。

施術後1ヶ月目に再診していただきます。わずかにもり上がるタイプのいぼ(脂漏性角化腫)の場合、1ヶ月後に隆起が残っている場合は、再照射を検討します。

1.レーザー治療前 4.治療後 7〜10日
レーザー治療前 治療後 7〜10日
かさぶたが自然にはがれ、下にはピンク色の薄い皮膚がはっています。
2.レーザー照射直後 5.治療後 約1〜1.5ヶ月
レーザー照射直後 治療後 約1〜1.5ヶ月
治療部位が白くなり、その後赤褐色に変わります。 皮膚の厚さが元に戻り、周囲の皮膚となじみます。
3.治療後 3〜5日
治療後 3〜5日
かさぶたができます。

ルビーレーザー治療回数と治療時間

  1. しみ、そばかす
    • 1回〜数回程度
    • (真皮メラノサイトーシスなどの皮膚の深い場所にあるしみは、2-3か月ごとに5回以上を要することもあります)
  1. しみ治療
    • 5分程度
      • ※麻酔テープ(ペンレス)をご利用の方は、予約の1時間前に患部に貼ってから来院してください。
      • ※1cm2未満のしみには麻酔は行いません。

ルビーレーザー注意点

当日よりシャワー、入浴は可能ですが、照射部分はなるべく擦らないように、軽く洗い流す程度にしてください。 照射後、強い赤みや水疱、痛みなどが出た場合、追加の治療が必要なこともありますので、必ず、医師の診療を受けてください。
かさぶたが取れた後、皮膚がジクジクすることがなければ、患部の化粧は可能です。日焼け止めクリームでの遮光を継続しないと、しみが再発することがありますので、注意してください。

妊娠中の方は、ホルモンの影響でしみが濃くなりやすいため、出産後の治療をお勧めします。

当院では、ほくろや皮膚腫瘍の合併、日焼けをした肌、傷やケロイドなどの状態、刺青、扁平母斑、その他の疾患によってはレーザー治療を行わない場合もあります。

しみ治療後の自宅処置

洗顔は当日より行ってください。
数日間はステロイド剤の外用を行った後、ラップで覆い、肌色のテープを貼ってください。
3〜4日目よりステロイド剤の外用を中止し、患部に直接ラップを貼りテープで固定してください。


このページのトップへ

ページの終了