メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

コラム

バックナンバーへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 >>
2022/5/22
皮膚科医にも肌トラブル・・・
みなさまこんにちは、Dr悦子です。
四捨五入したら、100歳になっている私。
低気圧が近づくと めまいがおき、体がついて行けないこの頃です。


老若男女、肌荒れ?を主訴とする方に多くお目にかかります。
何か変更した化粧品、ヘアケア製品などありませんか?と聞くと、即答で、ありません!

大体、忘れているのです。具体的に、朝、夜に何から使いますか?と丁寧に伺えば、そういえば・・・とおっしゃって、かぶれの原因やにきびの悪化因子を突き止めることがあります。


そういう私も、小学生のときから頭のフケが多く、黒い洋服を着るときに気になっていました。そうです、脂漏性皮膚炎(数ヶ月の赤ちゃんにも見られる、慢性湿疹)が40年続いています。

色々とシャンプーを試しましたが、1-2ヶ月使用すると、もう痒くなり、最強のステロイド外用剤(最近はコムクロシャンプーを使用中)でかゆみを抑え、またシャンプーを変更・・・。

また、スギ花粉症の時期、トマトソースが口に付くと、口唇がガサガサに痒くなり、かぶれます。
(スギとヒノキのアレルギーを持つ人は、トマトに反応してしまう事があります)
かさついた口唇にリップやワセリンをベタ塗りし、そのまま夜の洗顔の時、口に残っているオイル成分が口周囲へついてしまい、にきびができてしまう事もあります。


にきびの方は圧倒的に化粧品(オイルクレンジング・バームなど)やヘアケア製品(ヘアオイル・ワックス、ながさないトリートメントなど)のオイル成分での悪化が多いです。

頭部の湿疹の方は、原因不明も多いですが、シャンプー剤、毛染めやカラーリングの影響、頭の乾燥も発生要因になります。


人間の細胞は2~3年ですべて生まれ変わります。
少なくとも、3年前の自分とは別人です。 生活環境、ストレス状況、食べているものにより、私達の体は変わっていきます。

自分に合った製品をみつけたら、かぶれるまで変更せず、合わなくなったら変えるようにしないと、使えるモノがなくなってしまいそうです・・・。
ダミアン・ハースト展
<素晴らしい世界の桜>
ゴールデンウイークに大野山へ。
途中、富士山がきれいです。

2022/4/29
旬のものをいただいて
こんにちは、スタッフYです。
みなさまお元気でお過ごしでしょうか?
桜の季節も過ぎ、当院の近くの桜並木はすっかり緑の葉に変わりました。
気温の変動が大きいこの時期、みなさまも健康管理お気をつけください。


先日、ご近所さんから筍をいただきました。
毎年掘りに行かれていて、米糠とセットでくださいます。
とっても立派な筍、やはりまずは筍ご飯♪
こうやって旬のものを調理していると、この時期に祖母が作っていたものを思い出します。


私の地元は新潟で、この時期はよく、祖母が山にゼンマイを採りに行っていました。
この辺りの方も採りに行かれるのでしょうか?
今となっては、祖母は山に登れないので、父が行っています。

茹でてアク抜きをし、天日干しで乾燥させて保存できるようにします。
食べる時は茹でて1日かけて戻してから、調理していただきます。
この時期はゼンマイの香りが漂って、たくさん外に干されているんだろうな、と光景が目に浮かびます。

また、GW頃は笹団子を作っていました。
端午の節句に無病息災を祈って作られます。
よもぎを摘んで、笹の葉を採ってきて、あんこを作って・・・。
祖母が作る笹団子のよもぎの香り、あんこの甘さ加減、美味しかったなぁ、と思い出します。

幼少時の原体験は、いつまでたっても体にしみついているのですね。
そんなことを思い出しながら、筍ご飯を作りました。
 
旬のものは栄養価が高く、免疫力を高めたり、抵抗力をつけたりと、丈夫な体づくりにつながっていきます。
みなさまもぜひその時期のものを美味しくいただいて、お元気にお過ごしください。
いただいた筍で筍ご飯
父がとったゼンマイで作ったビビンバ


このページのトップへ
ページの終了