メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

コラム

バックナンバーへ 1 2 3 4 5 6 >>
2019/4/25
綺麗な髪になりたい
こんにちは、看護師Yです。
桜の季節も過ぎ、我が家では一昨年植えたラベンダーが今年もまた咲き始めました。
バラの蕾も膨らみつつあり、咲くのが待ち遠しいこの頃です。
この時期は木々が芽吹く姿に生命力を感じ、とてもパワーがもらえる気がします。

私は8年前からフラダンスを習っています。
フラでは、髪の毛はマナ(神が持つ力)が宿るものとして、切らずに伸ばすようにと言われています。超ロングヘアの方を見かけると、フラをやっていらっしゃるのかな?と思うのは、フラ愛好家たちのあるある、といったところでしょうか。

伸ばし続けていると、色々と悩みが出てくるものです...。
毛先に行けば行くほど茶色になり、傷んでゆく髪。ブラシで梳かせば必ずひっかかる。シャンプーをしたら髪が抜け、ドライヤーをかければ切れ毛が落ちる。
などなど、決して綺麗に伸びているとは言えない私の髪。このままでは髪の傷みがひどくなるどころではなく、なくなってしまう!
これはまずいと思い、ヘアケアについて見直すことにしました。

洗う前には必ず髪を梳かす。シャンプー前は入念にお湯で予洗いをする。トリートメントは頭皮にはつかないようにする。洗った後、タオルドライ後の時間をあけずにすぐに髪を乾かす。洗い流さないヘアトリートメントは使わない。仕事以外では髪の毛はきつく結ばないようにする・・・なんだか当たり前のことばかり。

これらを実践して数か月が経ちました。
心なしか、ポニーテールをした時、髪に重みを感じるようになった気がします!
洗い流さないトリートメントをやめたところ、以前悩まされていた頭皮湿疹がとても少なくなり、顔回りのニキビもできなくなりました(ヘアクリームやオイルがフェイスラインにつき、ニキビが出来る事があるので注意!とDr悦子も診察中で説明しています!)。

また、髪を梳かしてシャンプーすることで抜け毛が減ったのです。
まだまだ見た目には傷んだ髪ですが、少なくとも新しく伸びてきている髪にとってはいい気がします。
ついつい、いいヘアオイルを使うとか、いいシャンプーを使うとか、何か加えることを考えがちでしたが、加えることの前にすべきことがあると改めて感じました。
健康な髪を育てるには、その土台となる頭皮の健康が大事なのですね。

そんな気づきを経て、最近愛用しているのが”アヴェダのパドルブラシ”です。
ブラシを使用した頭皮のマッサージ方法もあり、心地いい刺激を与えてくれます。梳かした髪はなめらかな感じがします。
自分で購入した数日後、友人からも同じブラシをプレゼントでいただくという偶然もあって、2本持ちです!名前の刻印入りで気に入っています。このブラシたちも使ってこれからも健康な頭皮と髪を育てたいと思います。
庭のラベンダー
アヴェダのパドルブラシ 名前入り!

2019/3/26
フォトフェイシャルM22体験記
皆様こんにちは! Dr悦子です。
桜のつぼみが徐々にふくらみ、開花が待ち遠しいこの頃です。


さて、3月初旬にフォトフェイシャルM22という最新の光治療器を1週間お借りする機会があり、スタッフと20名のモニター様にお願いし、施術を行いました。

当院にもある光治療器;イーライト(以下SR)は、光エネルギーにより、そばかす状のしみや赤みが軽減するとともに、高周波の熱エネルギーが加わることで、お肌のハリも出る器械です。
一方、フォトフェイシャルM22(以下M22)は、光エネルギーがしみや赤みに吸収されることにより、熱エネルギーに変換され、ハリがでるようです。

両者の違いですが、その①、SRは2パスしますが、M22は1パスで終了。照射時の痛みは同等。
その②、SRは直後からその日の夜くらいまで火照り感が持続しますが(高周波の熱による影響)、M22は数時間以内に火照りは収束します。 
その③、SRはバイポーラー電極のため、肌への接着が不十分だとやけどを起こすこともありますが、M22は一方向の光のため、接着面のみ照射可能、やけどの心配がありません。 
その④、SRは光と高周波の出力設定ですが、M22はフィルターを交換し、細かい設定(フォトフェイシャルモード、血管モード、肝斑モードなど)が可能です。


私の場合、フォトフェイシャルモードで全顔照射し、その後点状のしみにはスポットで追加照射し、毛細血管部位には血管モードで対応。直後、ヒリヒリ感がありましたが、1時間程度でおさまり、夜には何もないと思っていた場所に黒ずんだカサブタができていました。
7-10日以内に痂皮化したものは自然にはがれ、なくなったシミもあれば、濃かったシミは薄くなりました。毛細血管拡張の場所は、一瞬薄くなった気がしましたが、未だ薄く残っています。


肝斑モードで施術をしたエステティシャンの玉田は、SRと比べて痛みが少なく、肝斑の悪化はなかったと言います。 
SRでは、照射後に肝斑が悪化する事があり、注意を要しますが、M22では、肝斑モードで対応するため、悪化の心配はなさそうです(ただし、肝斑については、レーザートーニングの方が効果は確実なので、始めからM22はお勧めしません・・・)。

肌のハリ感については、両者とも同等のようですが、2パスするSRの方が、2週間目以降の肌のハリ具合は良い気がします。


今後導入するかどうか、検討したいと思います。
        ↓↓↓↓↓ 

2019年4月19日(金)午後にやってきます!!   (4/10追記)
フォトフェイシャルM22直後


このページのトップへ
ページの終了