メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

コラム

バックナンバーへ << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >>
2020/11/23
ブーム遅れのマイブーム
こんにちは。スタッフSです。
とうとう11月も終盤になってしまいました。


今年は、ひきこもり(私)が、余計にひきこもって体重増加中。
それをさせているのは、以前ブームとなった《羊毛フェルト》。
羊毛を特殊な針でつつく事で繊維を絡めながら成形する手芸のひとつで、ブーム期に心ひかれていましたが、材料を揃えるのに大変かなぁ~なんて思っていたら、あっという間に熱が冷めてしました。


ところが2ヶ月ほど前に、近くの親戚宅へ行った時、なんとチクチクやっていたのです。
その場で少しやってみたらやっぱり楽しい!! 楽しすぎて時間が経つのを忘れてしまい、材料を少しもらって、家に帰ってからもチクチク・・・・。

刺しているときは無心になり、ストレス発散。
針をチクチク進めると、大きく丸めた羊毛がグサグサ入って、いつの間にか小さくなっちゃって無心ってこわい・・・。
でも気をつけていないと指までグサ!! ひえ~~~、絶叫です。


もらった羊毛がきれいな色ばっかりでかわいく残したい!と思い、季節ものの小物、プラス、大好きなディズニーキャラのグッズも作っています。

現在、遅めのマイブーム中、休みの日はチクチク・・・ず~~~っと刺しています。
コロナは未だ収束する見込みはなさそうですが、ステイホームで趣味を満喫できる私は幸いです。
カボチャおばけとクリスマスツリー
ディズニーのキャラクター

2020/10/26
コラーゲンピール×ダーマペン4
みなさま、こんにちは、Dr悦子です!
新型コロナは未だ収束する兆しはなく、在宅勤務も日常化し、マスク生活も長くなってきました。
そのため、平日にお時間がつくれる方も多く(土曜日は予約が集中する)、施術時間の長いダーマペン(麻酔30分+施術&クーリングに30分、合計1時間程度)の需要が増えてきました。

当院で使用しているダーマペン4は、主ににきび痕や毛穴の開き対策として活躍中です。
コードレスのため、使い勝手が良く、メンテナンスも楽なため、大変気に入っています。

以前からシワ、毛穴の引き締め対策としてコラーゲンピール(PRX-T33)の施術を行っていましたが、ダーマペンとの組み合わせが最近の話題です!
(この組み合わせを、ヴェルヴェットスキンと呼んでいるそうです)

ダーマペンは、先端に16本の極細針がついており、1mm~1.5mm程度の深さまで、毎秒120回の上下運動をすることで、お肌に1秒で1920個の小さな穴を開けます。
表皮の厚みが0.2~0.3mm程度ですので、その3倍以上の深さの真皮層を傷付けます。そこへ、コラーゲンピールの溶液を塗布するのです。

コラーゲンピールは単純塗布ですら赤みが出ることがありますが、麻酔下であっても、ダーマペンの後に塗布すると、ほとんどの方がピリピリして痛い!顔が熱い!と訴えます。
ですが、肌への単純塗布とくらべ、薬の浸透効果が増し、当然、治療効率は上がります。


すごい血まみれですよ~、お顔、ご覧になりますか~?もう少しがんばってくださ~い!としか言わないDrは、お客様から時々“ドS子(エツコ)”と呼ばれています・・・。

3日間くらいはほんのりと顔が赤くなることがありますが、マスクや翌日からの化粧で隠せます。 一度、お試しあれ!

(*コラーゲンピール追加希望の場合、全顔 7000円、頬のみ 5000円、鼻のみ1000円の追加料金をいただきます)


このページのトップへ
ページの終了